スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 J1第14節 横浜Fマリノスvs大分トリニータ

中断してたJ1リーグもいよいよ再開。 相手はナビスコカップ準々決勝で鹿島戦を2試合こなして好調のマリノス。
日産スタジアムでなく、ニッパツ球技場での開催でした。

20130706_01.jpg

マリノス側のチケットが売れてるニュースがあったので、ビジター席エリアが狭くなるのではないかと心配しました。
実際前日ビジター席が売り切れで買えなかった人もちらほら。

事前搬入の時スタッフに聞いたらビジターエリアは狭くしてないとのこと。
ビジター席の前売りは750枚。当日券は30枚。 そしてビジターエリアは900席とのこと。
前売りが750枚ってのは多い方です。 マリノスサイドもビジターエリアを狭めたかったんでしょうが、ビジター側の売れ行きも良かったってことですね。


この日のダンマク
20130706_02.jpg
松田力のダンマクも早速用意されてました。

通路側にもダンマクびっしり!
20130706_06.jpg

ビジターエリア900席に対して、チケットが750+30枚。なら100席ほど余裕あるかと思ったらほとんど空席無しにびっしり!
キックオフまで、後から来る人のためにスタッフが空席を探し回っていました。

この日もネットワンシステムズのタオルマフラーをしてる方が大勢来てましたし、ジェイリースの方も仕事帰りでしょうか? ジェイリースユニフォームを着てる方の中にスーツ姿の方もいらっしゃいました。

マリノス戦といえば、2003年から続いているダンマク合戦。
大分側も開門前に準備してました。

先行はマリノス側
20130706_03a.jpg

トリニータ側も準備してたダンマクを出します
20130706_04.jpg
ニッパツスタジアム全体から暖かい拍手が巻き起こります。

すると。。

20130706_05s.jpg
トリニータさポーター側はブーイングの後、AKB総選挙特番の時歌ってた指原チャントを返します。

そんな久しぶりのダンマク合戦でした。
「遠い」「◯◯だけ」をどううまく使うか、それがこの勝負のポイントの一つだと思います。(^_^;)

ところで、スタジアムでは気がつかず、家に戻ってPCでデジカメ写真をみて気がついたんですが、
20130706_05b.jpg
「指原1位だけど・・・」ってゲーフラも右上に出てたんですね。



試合は為田のクロスを松田が決めて先制!
前半は押せ押せでしたが、後半は一転押されっぱなし。
そして6分でCKのこぼれ球を決められて同点にされてしまう。
その後はホントよくDF陣守ってると、残り10分ぐらいでマリノスの足がピタリと止まる。
デカモリシも投入し、まだまだ走れるトリニータはここから反撃。
走るトリニータ、テクニックでカウンターのマリノスという激しい攻防となり、トリニータも惜しいシーンが何度かあったけど結局1-1のドロー。

他は気合いを充分感じるほど激しく守ってたのに、あの失点がホント残念でした。

満員のニッパツ三ツ沢球技場。 そしてぎゅうぎゅうに埋まったビジターエリア。
メインスタンドにも大勢トリニータを応援する人。
その雰囲気はとても良く、マリノス、トリニータの選手の力になったのでは無いでしょうか?
チケットを買えなかった方には申し訳ないけど、この三ツ沢の雰囲気は日産スタジアムではとても作り出せない、サッカーを楽しむには最高の舞台でした。

関東の試合で試合後メインスタンドにも選手が挨拶するのはとても珍しいです。
20130706_09a.jpg
メインにこれだけ居たんなら、トリニータサポーターは1000人以上は居たと思います。

すぐに仙台戦が迫ってます。次の試合も耐えて、最後に走り勝つことが出来ればきっと勝てると信じてます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ben

Author:Ben
関東でトリニータの応援中心ですが、幅広くサッカーを楽しんでます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。